Xbase
dBXL2001年問題 

dBXLやdBASE3以外のアプリでdBFを更新するとdBXLからそのdBFが開けなくなる現象が発生しています。
くわしくは以下のページをご参照ください。
DTABASE USERS GROUP掲示板
The dBase/dBXL year-2001 solutions
また、QuickSilverをお持ちの場合、以下のプログラムを実行すると読めなかったdBFを復旧する事ができます。

以下のプログラムをQS(QuickSilver)でコンパイルしてください。
※このプログラムはQSでコンパイルしないと使えません
■使い方:RESCUE.EXE <DBF FILENAME>
*[RESCUE.PRG]********************************************
* dBXLで読めない場合に処理する
* ERROR処理等は適当に直して使用してください。
IF XARGC=2
   *----[ 第1パラメータ有り ]
   mDBF=XARG01
ELSE
   ? "USAGE: RESCUE.EXE <dbf NAME>"
   ?
   WAIT "HIT ANY KEY"
   QUIT
ENDIF
*
IF FILE(mDBF)
   USE &mDBF. 
   GO TOP
   IF BOF().or.EOF()
      ? "ERROR:["+mDBF+"] RECORD not Found"
      ?
      WAIT "HIT ANY KEY"
   ELSE
      STORE AUTOMEM
      REPLACE AUTOMEM
   ENDIF
   USE
ELSE
   ? "ERROR:["+mDBF+"] FILE not Found"
   ?
   WAIT "HIT ANY KEY"
ENDIF
*********************************************************
QSから該当DBFにデータ書き込むとdBXLでも読めるようになる事を
利用して、先頭レコードを同じデータで上書きし復旧します。
尚、このプログラムについては使用者の責任でご利用ください。